読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#daiizメモ

フレンチフライ トリュフ塩仕立て

技術ネタはてブ数が多いごはん情報

スポンサーリンク

Google+カスタムURL取得後に以前のユーザIDを調べる裏技

Google+のユーザIDについて

Google+に登録すると、個人を識別する数字21桁のIDが与えられます。この数字IDはランダムに割り当てられており、覚えにくく認識しづらいため、後から自分の好きなIDに変更することができます。これは「Google+ カスタム URL」と呼ばれます。

カスタム URL とは、プロフィールやページに直接アクセスできる、短くて覚えやすいウェブアドレスです。たとえば、YouTubeGoogle+ ページのオーナーは、ユーザーに https://plus.google.com/115229808208707341778 ではなく google.com/+YouTube からページにアクセスしてもらうことができます。*1

カスタムURLは便利ですが、「Google ごちそうフォト」で自分の投稿した写真を探す場合などの一部のウェブサービスでは、変更前の数字21桁IDが必要になる場合があります。

ところが、現時点では変更前のIDを取得する正式なサービスは無さそうです。
そこで、旧数字IDを取得する裏技的な方法を考えてみました。

この裏技で使うもの

以下の2つの使います。2つめのConsoleは他のブラウザのものでも大丈夫です。

  • Google+利用開始時に送られてきたメール「件名: Getting started on Google+

    • 恐らくGmailに届いていると思います
  • Google Chrome の Console

手順

とても簡単です。以下のステップを順番に実行してみてください。

  1. PC版ChromeGmail「件名: Getting started on Google+」を開く
  2. メール本文上にポインタ(矢印マーク)を移動して、右クリック
  3. 表示されたメニューから「要素を検証」をクリック

    f:id:daiiz:20140520224411p:plain

  4. Consoleが開かれるので、Console上で「Ctrl + f」キーを押す
  5. ウィンドウ左下に検索ボックスが現れる

    f:id:daiiz:20140520224753p:plain

  6. このボックス内に「recipient=」と入力して、「Enter」キーを押す
  7. 一致した箇所がハイライトされるので、「recipient=」に続く数字21桁を読み取り記録する(これが自分のGoogle+ IDです)

    f:id:daiiz:20140520225546p:plain

確かめる

正しいナンバーを取得できているかどうか(取得した数字が本当に自分のIDを表しているかどうか)を以下の方法で確かめてみます。 正しく自分の情報が表示されれば成功です。

  • Google+のプロフィールページを開いてみる

    • https://plus.google.com/u/0/先ほど取得した21桁の数字/postsにアクセス
  • Googleごちそうフォトで自分の投稿した写真を探してみる

    • http://www.gochisophoto.com/contributor/にアクセスし、画面右下の「ユーザ ID を入力」ボックスに先ほど取得した21桁の数字を入力して「フォトを見る」ボタンをクリック

まとめ・わかったこと

  • 過去に送られてきたメールのソースコードからIDなどの情報を見つけることができる場合がある
  • 変更前にIDを控えておくべきだった

*1:Google+ カスタム URL スタート ガイド」(https://support.google.com/plus/answer/2676340?hl=ja%20)より引用