読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daiizの自由帳

フレンチフライ トリュフ塩仕立て

テキストファイルを画像に変換するツールを作って、Googleフォトに置いてみた

作品 python tech

目次

やりたかったこと

Google フォト にテキストファイルを置きたい!!!!

画像: Google+より

つくったもの

Google フォトでは、ある程度の大きさまでなら画質を落とすことなく写真を置いておくことができる。

ならば、テキストの1文字を画像の1ピクセルに対応させて、文字が異なれば色が異なるような画像ファイルを生成すれば良さそうと思って、 このように変換する実験的ツールを作り、先ほどGitHubに公開しました。

github.com

使い方は簡単で、.txtのファイルを.pngに変換するには

$ ./mkpng [txtファイルのパス]

を、実行。このツールで生成された.png.txtに逆変換するためには

$ ./mktxt [pngファイルのパス]

を実行すればOKです。詳しくは 使い方.md をどうぞ。


テキストファイルを変換する前に、encodeURIComponent()をしているので、半角アルファベットだけでなく、日本語やEmojiなども使えます。

実行例

ここで表示している画像は、Googleフォトに置いてあるものです。ダウンロードして逆変換すればテキストに戻すことができます。

9月27日のブログ記事

Before

entry.txt

今日は夏季休業最後の日曜日だった。
<br><br>
満月を見ながら、よもぎ団子を食べた。眼鏡をかけていても目が悪いので、毎年、月がぼやけて見えるのだけど、今日はくっきりと見えた。さすがスーパームーン。
<br><br>
久しぶりに絵を描いてみようと思う。
<br>
<center>
[f:id:daiiz:20150927213133p:plain]
<br>月
</center>
After

entry.png

TeXのプリアンブル

Before

tex.txt

\documentclass[11pt,a4j]{jarticle}
\usepackage{listings,jlisting}
\usepackage{fancyhdr}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx, color}
\usepackage{ascmac}
\usepackage{amsmath}

\pagestyle{fancy}
\rhead{\thepage}
\cfoot{}
\lstset{
  language=c,
  basicstyle=\ttfamily\small,
  commentstyle=\textit,
  classoffset=1,
  keywordstyle=\bfseries,
  frame=tb,
  framesep=5pt,
  showstringspaces=false,
  numbers=left,
  numberstyle=\tiny,
  captionpos=b,
  stepnumber=1,
  tabsize=2,
  numberbychapter=false
}
After

tex.png

絵文字入り文章

Before

sushi.txt

寿司 🍣
After

sushi.png

今後やりたいこと

  • ターミナル上で Google フォトから.pngを直接ダウンロードしてその場で.txtに戻せるようにする
  • 変換後の色が無駄にカラフルなのでもう少し落ち着いた色使いにしたい

ご注意

  • 生成した画像をTwitterにアップして、ダウンロードして、テキストファイルに戻そうと試みたら失敗しました。何らかの理由で画像の色が変わってしまうと二度と戻せないので要注意です。