#daiizメモ

フレンチフライ トリュフ塩仕立て

技術ネタはてブ数が多いごはん情報

スポンサーリンク

Android 6.0 Marshmallow の Now On Tap を使ってみた

Android Marshmallowで「Now On Tap」という新しい機能が使えるようになったので、試してみました。 この機能を使うと、Google検索をとてもラクに行うことができます。
画面下部のバーの「◁○□」の「○」を長押しするだけで使うことができます。はじめて使うときには以下のようなカードが表示されます。


これをオンにしてみます。すると、いま読んでいた記事の中から検索キーワードを生成してくれました。このキーワードについて、端末にインストールされているアプリのうち関連のありそうなものをサジェストしてくれるので、ここから選択します。Google検索をしたりAmazonアプリで商品を探したりする作業が簡単です。文字列を選択する手間を省けるのは素晴らしいです。また、アプリの中で選択したくても選択できない文字列を検索したい場合にも活躍すると思います。


ちなみに、検索対象になるキーワードがない場合は「表示する情報がありません」と表示されました。これに続く説明文の中に「アプリから移動する必要はありません」と書いてあるように、やはりこれが一番の売りポイントのようです。


ハングアウトでの会話でも上手くいきました。料理系のキーワード、かつ、続く会話で「クックパッド」「つくりかた」「調べる」についてを強調してみたのですが、サジェストにCookpadが表示されませんでした。まだこの端末にCookpadアプリを入れていないのでアプリがサジェストされないのは良いのですが、「http://cookpad.com/search/ホットケーキ」を提案してくれると親切かなと思いました。なるほどホットケーキは画像検索が考えられるキーワードなのですね。


ミイルに投稿した写真のコメント*1の「松屋」という文字を見ただけでしっかり「松屋フーズ」を提案してくれて感激です。こちらはGoogle検索だけでなく、公式サイトへのボタンも表示してくれました。


こちらは、Cordovaで作った自作のAndroidアプリでNow On Tapしてみた様子です。開発者として特に何もプログラムを書いたりしていませんが、この通り。しっかり動きました。嬉しい。



画面に表紙されている情報の中からうまくキーワードが抽出されています。(「Arrow」はよくわからない。右下の矢印ボタンのことかも。)


どんなアプリからでもGoogle検索ができて便利です。現在は英語と日本語に対応しているらしいです。今後の進化が楽しみですね。

*1:先ほど言っていた「選択したいけれど選択できない文字列」の例です。