#daiizメモ

フレンチフライ トリュフ塩仕立て

技術ネタはてブ数が多いごはん情報

スポンサーリンク

tfPhotoPalette: Play機能で送信する画像のサイズが選択可能になりました

下記記事でご紹介した,tfPhotoPaletteで切り取ってリサイズした画像データをローカルサーバに送信する「Play機能」に小さな改良を施しました.

これまでは,Play機能のウィンドウで「Classify」ボタンを押した際は,tfPhotoPaletteで切り取られて縮小された画像が送信されていました.

昨日公開した最新版では,送信する画像のサイズを「Original photo(切り取り前の元画像)」,「Cropped photo(切り取られた画像)」,「Reduced photo(縮小された画像)」の中から選択できるようになりました.デフォルトではこれまで同様の,縮小画像をBase 64エンコードしたものが送信されます.

https://i.gyazo.com/b8e5f3a6a1868c58c7396cffd0f4cb77.png

サイズ指定機能は「Classify」ボタンの左に設けられたセレクトボックスから行えます.

f:id:daiiz:20160309005235p:plain:h56

大きなサイズの画像データを扱うことができるようなったため,TensorFlowでの実験だけでなく,切り抜いた画像を他のAPIに送信するためのクライアントツールとしても使用できるようになりました.

次回はtfPhotoPaletteを介してGoogle Cloud Vision APIを呼び出して,Label Detectionをする例を紹介します.

tfPhotoPalette

Chrome ウェブストアからインストールできます.どうぞご利用ください! chrome.google.com