#daiizメモ

フレンチフライ トリュフ塩仕立て

技術ネタはてブ数が多いごはん情報

スポンサーリンク

CourseraのMachine Learningの2日目

1週目の最後の課題をやった.コスト関数について説明を受けて,最急降下法アルゴリズムで線形回帰問題の仮説関数を求める練習をした.最急降下法のことを英語ではGradient Descentというらしい.Gradientだけだと勾配だったはず.Descentというのは航空機事故のニュースを聞いているとエマージェンシー・ディセント(緊急降下)という単語として聞いたことがある.あとGradientは,CSSでグラデーションカラーを指定するときにlinear-gradientradial-gradientというふうに使ったりする.講義を聞きながら英単語を連想すると英語の勉強もできる.この講義に限らずに,英語で書かれたプログラミングのチュートリアルなどを読んでいると,何か一連の作業を成し遂げた後に Congratulations! と言ってもらえて嬉しい.日本語の説明書だと,何かが終わると一息置かずにすぐに次の説明に移ってしまうことが多い気がする.