読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#daiizメモ

フレンチフライ トリュフ塩仕立て

技術ネタはてブ数が多いごはん情報

スポンサーリンク

griddles-ui-card version 0.2.0 をリリースしました

tech

本日、griddles-ui-card最新バージョン(v0.2.0)をリリースしました。

このバージョンでは、以下のような機能の追加/改善が適用されています。

chrome apps に対応

chromeアプリにて griddles-ui-card タグを使用することができるようになりました。ソースコード中に特に何も設定項目を記述することなく、ウェブブラウザとchromeアプリをターゲットとして griddles-ui-card コンポーネントを使用することができます。chromeブラウザの拡張機能・アプリの管理ページでアプリとして読みこむだけでOKです。

f:id:daiiz:20141014203819p:plain

最新版の動作を確認する方法は以下のとおりです。

  • バージョン0.2.0をこちら(リンク先はGitHubです)からダンロードして、zipファイルを展開してください。
  • 生成された「griddles-ui-card」のフォルダをChrome Dev Editorで読み込んでください。
  • フォルダを右クリックして表示されるメニューから「Run」をクリックしてください。

デモページ「Yummy」がChromeアプリとして起動します。
「griddles-ui-card」のフォルダ内のbackground.jsの最初の方に記述してあるファイルのパスを以下のように変更することで、3種類のChromeアプリのデモをご覧いただけます。

  • griddles-ui-card/yummy/index.html(デフォルト)
  • griddles-ui-card/demos/demo_document.html
  • griddles-ui-card/demos/demo_div.html


続いて、通常のウェブページとして起動してみましょう。

  • Chrome Dev Editor の左側のパネルにある「griddles-ui-card」のフォルダのなかから「manifest.json」を探し、右クリックしてください。
  • 表示されるメニューから「Rename」をクリックし、「manifest.json.foo」のように、適当に名前を変更してマニフェストファイル*1を無効化してください。*2
  • Chrome Dev Editor の左側のパネルにある「griddles-ui-card」のフォルダのなかから「Yummy」を探し、右クリックしてください。
  • 表示されるメニューから「Run」をクリックしてください。

f:id:daiiz:20141014203852p:plain

すると、先ほどChromeアプリとして起動されたデモページが、今度はふつうのウェブページとしてブラウザ上で表示されます。

*1:manifest.jsonは、chromeアプリとして起動するための設定ファイルです。すべてのchromeアプリはこのファイルを持っています。

*2:再びChromeアプリとして起動したい場合はファイル名を「manifest.json」に戻してください。